お問合せ

年齢別・治療の特徴

中高年の方の矯正

虫歯、歯周病で歯を失い始めた人の矯正治療

歯を失った時、大切なのは、その原因を考えることです。
歯がダメになった原因を考えずにそこに最先端の技術を用いてインプラントを入れ、その上に歯を作っても、長持ちはしません。歯がダメになった時には、必ずダメになった原因が存在します。
その原因、環境が改善されないままそこに歯を作っても、その歯がダメになる数年前にタイムスリップしたことにしかなりません。その歯は数年後に、またダメになるリスクが高いわけです。
お口の中が壊れていっている方は、もともと歯並びが悪い方が圧倒的に多いです。歯並びが悪いことは、歯が傷んでいく大きな原因なのです。
歯並びがガタガタで歯磨きが困難であっていたり、かみ合わせが悪くてバランス良くかめないことで常にかむ力にさらされている歯は日々、傷んでいってしまうのです。
そういったことは、最近の研究でだんだんと解明されてきています。

そうやって歯を失った患者さんを治療する際に、ただ虫歯を治す、ただ歯がないところにインプラントで歯を作る・・・ではダメなわけです。かみ合わせが悪かったことがお口の健康を損なった大きな原因である場合、その患者さんを治療し、その状態を長期維持するためには、矯正治療が必要になります。それが50歳代、60歳代の患者さんであってもです。
そのような患者さんにとって、矯正治療は単なる審美的な目的を達成するためのものではなく、取り戻したお口の健康を維持していく上で、必要不可欠な治療の一環なのです。そのような治療は、歯の治療・矯正治療・インプラント治療、すべてに精通している当院がもっとも得意とする分野の一つでもあります。

症例

65歳 女性

奥歯がなくなってきている患者さん。前歯が出っ張っており、歯茎がくっきりと見えています。

45歳 女性

上の前歯2本が歯根破折し、抜かなくてはならなくなった患者さんを、矯正治療とセラミックラミネートベニアで治療しました。

59歳 女性

奥歯がなくなり、前歯が逆さになってしまっている患者さんのお口の中を、インプラントと矯正治療を併用して治療しました。

57歳 女性

右下の奥歯がなくなっている出っ歯の患者さんのお口の中を、インプラントと矯正治療を併用して治療しました。

59歳 女性

歯周病で歯がグラグラになっている患者さんです。上の歯はグラグラがきつかったために全て抜歯してインプラントで歯を作り、下の歯は矯正治療で正しい位置に歯を動かしました。

58歳 女性

奥歯がなくなり入れ歯をいれている患者さんです。奥歯がしっかりと咬めないため、前歯がグラグラしてきており、お口の中は崩壊に向かっていました。インプラントを用いて奥歯をしっかりと噛めるようにし、矯正治療を行っておかしな位置に動いてしまっている歯を正しい位置にもどし、治療しました。

42歳 女性

奥歯がなくなり、出っ歯になっている患者さんのお口の中を、インプラントと矯正治療を併用して治療しました。著しく出ていた前歯が引っ込んだせいで、唇が閉じれるようになりました。

51歳 女性

上の前歯がグラグラとして抜けかかっていた患者さんのお口の中を、インプラントと矯正を用いて立て直しました。

70歳 女性

奥歯が失い、前歯がグラグラになっている患者さんのお口を、インプラントと矯正を用いて立て直しました。

矯正 + インプラント4

奥歯が失ってしまった出っ歯の患者さんのお口を、インプラントと矯正を用いて立て直しました。

61歳 女性

奥歯がなくなったあごの歪みがある患者さんのお口を、矯正とインプラントを用いて修復しました。

50歳 女性

歯周病で奥歯が無くなってしまった出っ歯の患者さんのお口を、インプラントと矯正を用いて立て直しました。

65歳 女性

奥歯がぐらぐらになり、前歯が前に出てきたという患者さんのお口を、インプラントと矯正を用いて立て直しました。

井筒歯科クリニック

矯正治療でお悩みの場合は、お気軽にお問い合せください。

078-918-2511

井筒歯科クリニックは明石駅構内「ピオレ明石南館2F」にあります。
診療時間

〒673-0891 明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F