お問合せ

年齢別・治療の特徴

小児矯正

乳歯が残っている内の矯正治療(4歳~11歳頃)

小児矯正(一期治療)とは、歯科治療がある程度できるようになる4歳頃から永久歯が生えそえろう11歳頃までの矯正治療のことを言います。
成人矯正の前準備にあたり、上下の顎が前後的なズレ(出っ歯、受け口」をなおしたり、顎の正常な成長を邪魔する「歯の引っかかり(交叉咬合、反対咬合)」をほどいたりと、成人矯正に向けてのざっくりとした土台作りをします。
まだ永久歯が生えそろっていませんので、細かな歯の配列はできず、きちんとした歯並びを作るには、成人矯正(二期治療)が必要になります。
成人矯正の前準備ですので、目指すゴールは成人矯正と同じ「美しい口元」と「良い歯並び」です。
成人矯正と同様の診断を行い、その子の目指すべき骨格、前歯の位置などの治療ゴールを考え、「そのためには今、何が必要か?」を考えながら治療に当たります。

各種不正咬合とその治療法、症例

使用する装置

子供の治療では、不正咬合の種類により、自分で取り外しができる床装置を始め、固定装置、機能的装置、ヘッドギアなど様々な装置を用います。

井筒歯科クリニック

矯正治療でお悩みの場合は、お気軽にお問い合せください。

078-918-2511

井筒歯科クリニックは明石駅構内「ピオレ明石南館2F」にあります。
診療時間

〒673-0891 明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F