お問合せ

年齢別・治療の特徴

小児矯正

叢生(ガタガタ)について

通常、上下の前歯4本が生え揃った頃から始めることが多いです。子供のうちは、顎を横に広げる装置を使用して顎の幅を広げる治療することが多いですが、顎を横に広げるには、横の歯がまだグラグラしていないこの時期が最適だからです。横の歯が生え変わり始めると、装置の安定が悪くなるため、顎がうまく横に広がりにくくなります。

しかし、ガタガタだけ目を奪われていてはいけません。ガタガタの程度、その年の子供の顎の幅の標準値、顔に対する前歯の位置などをしっかり診断して治療方針を立てることがこの時期の子供にも重要です。ガタガタだけにとらわれてやみくもに顎を広げると、お猿のように口元が膨らんだ顔をつくることになってしまったり、顎の外側にはを並べてしまうことになってしまいます。

叢生の症例

Case1

使用した装置:拡大床

装置に組み込まれた拡大ネジを回すことで、装置が横に広がり、歯列が横に拡大されていきます。

Case2

使用した装置:拡大床

装置に組み込まれた拡大ネジを回すことで、装置が横に広がり、歯列が横に拡大されていきます。

井筒歯科クリニック

矯正治療でお悩みの場合は、お気軽にお問い合せください。

078-918-2511

井筒歯科クリニックは明石駅構内「ピオレ明石南館2F」にあります。
診療時間

〒673-0891 明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F