お問合せ

年齢別・治療の特徴

小児矯正

反対咬合(はんたいこうごう)について

「受け口」とも呼ばれています。下の前歯あるいは下顎全体が前に出ている状態をいいます。上下の前歯の傾きにより反対咬合となっている歯槽性反対咬合と下顎自体が大きく前方に成長している骨格性反対咬合があります。

「反対咬合」の治療は、できるだけ早くに開始する必要があります。下の歯は通常、上の歯の内側にあります。しかし、それが反対になっていると、下の歯で上の歯がブロックされることで上顎の顎の成長が抑制されてしまい、下顎に比べて早くに成長が終わってしまう上顎が大きくなれないまま成長が終わってしまうことになります。
個々の成長のパターンは仕方ないですが、前歯が上下反対になっていることによってそうなるのは辛いです。ですから、なるべく早くに改善する必要があります。
骨格の問題が大きな反対咬合は、通常の外科矯正(顎を切る手術を伴う矯正治療)が必要になることもあります。

反対咬合の症例

Case1

使用した装置:FKO

前に押し出されている下顎に、奥に押し込める力をかける装置です。夜間8時間ぐらいの使用が必要ですが、学校等でつける必要はありません。

Case2

使用した装置:リンガルアーチ

歯の裏側に通したや太いワイヤーにバネのように弾性のある細いワイヤーをくっつけ、その細いワイヤーで内側にある歯を外に押し出す装置です。

井筒歯科クリニック

矯正治療でお悩みの場合は、お気軽にお問い合せください。

078-918-2511

井筒歯科クリニックは明石駅構内「ピオレ明石南館2F」にあります。
診療時間

〒673-0891 明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F