お問合せ

年齢別・治療の特徴

小児矯正

交叉咬合(こうさこうごう)について

通常、下の歯は上の歯の内側にありますが、それが1歯~複数歯にわたって反対になっている状態を「交叉咬合」と呼びます。

「交叉咬合」の治療は、できるだけ早くに開始する必要があります。上の歯の内側にあるはずの下の歯がどこか1歯でも反対になっていると、そこを起点として、下顎は横にずれて成長していってしまうからです。その場合、成長が進むにつれて顎がだんだんと横に曲がっていっていき、その傾向はより顕著になっていきます。そのように顔が横に曲がってしまった場合、成人になってから直そうとすると、外科矯正が必要になります。

交叉咬合の症例

Case1

左の奥歯が交叉咬合になっていたのを、上顎歯列を横に拡大することで改善しました。この治療を行うと上下の歯の真ん中も 自然と一致することが多いです。

 

Case2

右の奥歯が交叉咬合になっていたのを、上顎を横に拡大することで治した症例です

使用した装置:拡大床

装置に組み込まれた拡大ネジを回すことで、装置が横に広がり、歯列が横に拡大されます。子供の奥歯の交叉咬合の多くは、上顎の幅が狭いことが原因で起こっているため、上顎を横に広げることで自然と治ってしまうことが多いです。

Case3

左の奥歯が交叉咬合になっていたのを、上の奥歯を外側に移動させることで治療しました。

使用した装置:クワドヘリックス

上顎の内側に弾性をもったワイヤーを固定し、バネの力で歯を外側に移動させる装置です。数ヶ月〜半年ほどで、歯がダイナミックに移動します。

井筒歯科クリニック

矯正治療でお悩みの場合は、お気軽にお問い合せください。

078-918-2511

井筒歯科クリニックは明石駅構内「ピオレ明石南館2F」にあります。
診療時間

〒673-0891 明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F