お問合せ

年齢別・治療の特徴

小児矯正

出っ歯について

前歯の傾きにより目立つ人もいれば、そうでない人もいます。
出っ歯には「上のアゴが出ている」上顎前突症と「下のアゴが引っ込んでいる」下顎後退症があり、2種類のタイプが存在します。

上顎前突では上顎奥歯の後方移動をして治療します。また下顎後退症では下顎骨の前方成長を誘導して治療します。日本人の場合、ほとんどが「下のアゴが引っ込んでいる」下顎後退症です。
出っ歯だけの問題の場合は、10歳前後から治療開始すればよいですが、ガタガタ、歯列の幅の問題など、他の問題を抱えている場合も多いため、早めの相談が望ましいです。

出っ歯の症例

Case1

使用した装置:FKO

上下の床装置が一塊になった装置で、1日8時間以上、主に寝ている間に装着する装置です。奥に引っ込んでいる下顎が前方に誘導され、出っ歯が治る装置です。

Case2

使用した装置:ツインブロック

上下の床装置に各々組み込まれた樹脂のブロックが斜面で接することにより、奥にある下顎が前に誘導され、出っ歯が治る装置です。

Case3

使用した装置:ツインブロック

上下の床装置に各々組み込まれた樹脂のブロックが斜面で接することにより、奥にある下顎が前に誘導され、出っ歯が治る装置です。

井筒歯科クリニック

矯正治療でお悩みの場合は、お気軽にお問い合せください。

078-918-2511

井筒歯科クリニックは明石駅構内「ピオレ明石南館2F」にあります。
診療時間

〒673-0891 明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F