お問合せ

年齢別・治療の特徴

中学生~大人の方の矯正

叢生(ガタガタ)について

歯の叢生(ガタガタ)は、顎の大さと歯の大きさがあっていないことにより起こります。
3人がけの椅子に4人の人が座っているような状態です。
歯の大きさが顎の大きさに対して大きい場合、通常、抜歯をして歯の数を減らします。無理に並べようとすると、歯は顎から飛び出してしまい、歯肉が下がる、口元が突出するなど、多くの問題を生んでしまうからです。

叢生(ガタガタ)の治療は、歯のサイズ、口元の出具合、ガタガタの量を総合的に判断していき、最終的にその人にあった歯の位置に落ち着かせるためには、何をしなければならないか、をしっかりと分析することが必要です。

叢生の症例

18歳 女性

前歯のガタガタと口元の突出感をどうにかしたいという主訴で来院されたました。小臼歯4本を抜歯し、口元を引っ込める矯正治療を行いました。

20歳 女性

前歯のガタガタをどうにかしたいという主訴で来院されたました。口元がやや突出しており、非抜歯で矯正治療をすると、さらに口元が出っ張ることを説明した結果、小臼歯4本を抜歯し、矯正治療を行いました。

39歳 女性

歯のガタガタが気になるという主訴で来院。非抜歯では並びきらないため、小臼歯4本を抜歯し、治療しました。

32歳 女性

前歯の向きが気になるという主訴で来院。もともと、先天的に下の前歯が1本欠如しており、上下の歯の大きさのバランスをとるために、上の前歯6本の幅を少しずつ小さく調整し、非抜歯で矯正治療しました。

28歳 男性

前歯のガタガタをどうにかしたいという主訴で来院されたました。ガタガタの他に出っ歯の問題が大きかったため、上の小臼歯2本のみを抜歯し、矯正治療を行いました。

23歳 女性

前から2番目の歯が牙のように前方に飛び出していることを主訴に来院されました。下の前歯2本が先天的に欠如しており、上の小臼歯2本を抜歯し、矯正治療を行いました。

24歳 女性

左上の前歯の変色を主訴に来院されました。歯列不正を解消した上での歯の色の改善をお勧めしたところ、矯正治療を行うことになりました。
がたがたがひどかったため、非抜歯で矯正治療を行うと、歯が顎から飛び出すリスクがあり、口元がかなり出てしまうことが予想されました。そのことをお話ししたところ、4本の小臼歯を抜歯して治療すことで同意を得、矯正治療を行いました。

25歳 女性

左側の歯のがたがたを主訴に来院されました。左上に乳歯が残っておりその歯を抜歯したのち、上の小臼歯2本を抜歯し、矯正治療を行いました。

45歳 女性

歯のがたがたがあって、歯磨きしにくいことと、見た目の改善のため、矯正治療を行いました。矯正治療は上の小臼歯2本と、右下の小臼歯1本を抜歯し、そのスペースを利用して歯を並べております。

12歳 女性

前歯のガタガタをどうにかしたいという主訴で来院されたました。ガタガタの他に出っ歯の問題があったため、上の小臼歯2本のみを抜歯し、矯正治療を行いました。

井筒歯科クリニック

矯正治療でお悩みの場合は、お気軽にお問い合せください。

078-918-2511

井筒歯科クリニックは明石駅構内「ピオレ明石南館2F」にあります。
診療時間

〒673-0891 明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F