お問合せ

年齢別・治療の特徴

中学生~大人の方の矯正

開咬(かいこう)について

上下の前歯の間に隙間があり、咬んでいない状態を言います。
開咬治療は非常に難しい治療です。難しさの最大の原因は、「舌を出す癖」などが影響していることが多く、矯正治療を行っても、後戻りしやすいという点です。矯正治療後、歯並びが安定する患者さんもいますが、他の不正咬合よに比べ、後戻りする割合が多いです。前歯が咬んでいない原因が歯の問題か、骨格の問題かでも大きく難易度が大きく変わってきます。

開咬の症例

24歳 女性

左上の八重歯を治すことを主訴に来院されました。左の上下の小臼歯が先天的になかった患者さんで、右上の小臼歯を抜歯し、矯正治療を行いました。ガタガタの量が多い症例は、歯を抜かずに矯正を行うと前歯がかなり前に出てしまいますので、口元がもっこりと出てしまうので、綺麗な口元を維持しようと思うと、どうしても抜歯が必要になることが多いです。

34歳 女性

右上の奥歯が虫歯で抜歯しなくてはならなくなった患者さんです。上下の前歯が噛んでいない、いわゆる「開咬」の状態です。開咬の患者さんは、上下の歯が奥歯しかあたっていないため、奥歯ばかりに負担がかかるため、奥歯ばかりが虫歯や歯周病で傷んでいく傾向があります。

井筒歯科クリニック

矯正治療でお悩みの場合は、お気軽にお問い合せください。

078-918-2511

井筒歯科クリニックは明石駅構内「ピオレ明石南館2F」にあります。
診療時間

〒673-0891 明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F